U-NEXTの無料トライアルを2回、3回試せる裏技を解説!安心安全な方法はある?

「U-NEXTを一度解約したけれど、もう一度試してみたい」
「無料トライアルを2回、3回と利用することができるかどうか知りたい」

ということを一度でも思ったことがある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

という方のために、この記事ではU-NEXTの無料トライアルを2回、3回も利用できる方法や注意点を解説します。
安心安全に利用できる方法、知らないと困ってしまう注意点など、役立つ情報が満載です。

主にご紹介する内容は、以下の3点です。

①無料トライアルを2回以上利用できる方法(危険な裏技を含む)

②安全に無料トライアルを申し込む方法で発生するトラブルや不便な点などの注意点

➂無料期間のあるサブスクとその特徴を解説


U-NEXTをもう一度利用したい方はぜひご覧ください。

U-NEXTの無料トライアルを2回、3回試せる裏技3選

先に結論を知りたい方のために、結論を言うと無料トライアルを2回以上利用できる方法は、以下の3つです。

①ファミリーアカウントを利用
②通信事業者を経由して申し込む

➂前回登録していないメールアドレスと決済方法で、再登録する(要注意)

原則、U-NEXTの無料トライアルはおひとり様1回限りです。

しかし実際のところは上記の3件を利用すると、無料トライアルを申し込むことができます。

特にU-NEXTに初めて登録する家族や友人の「ファミリーアカウント」に入る場合はU-NEXTの規約に準ずる方法ですので、安心安全です。

インターネット及びWi-Fi回線とU-NEXTのセットプランは通信事業者から貰うIDとパスワードを利用するので、問題なく無料トライアルを利用することができますよ。

逆に利用規約に抵触しますが、登録する個人情報を以前と変える方法も現実では可能です。

規約違反の罰則を受けたという声は見つかりませんでした。しかし、アカウントの利用停止や強制退会になる場合もないとは言い切れません。

登録情報を前回と変えて登録するのは、自己責任でお願いいたします。


実際に2回以上無料トライアルを申し込んだ方の方法まとめ

 

U-NEXT31日間無料トライアルキャンペーン要綱」で無料トライアルは「おひとり様1回のみ」と規定されていますが、実際、無料トライアルを2回以上利用出来た方も少なくありません。

具体的に多くの人が利用した方法をまとめると、以下の3つでした。

①支払い方法とメールアドレスを前回と違うものに変更する

②前回はWebブラウザ、2回目はアプリから登録するなど前回と違う環境で申し込む

➂家族や友人にファミリーアカウントに追加してもらう


TwitterとYahoo!知恵袋には、これら3つの方法から実際に無料トライアルを複数回申し込めたという投稿がいくつも寄せられています。

 

 

投稿にはiPhoneでサブスクリプションを確認した時の画面のスクリーンショットが添付され、何月何日から新たにサブスクリプションが開始されると書かれていました。

無料トライアルはおひとり様1回限りと規定されていますが、現実的には2回以上できる方法があるということです。

メールアドレスや決済方法を変えれば、無料トライアルが利用できる

 
利用規約に障りますが事実上メールアドレスや決済方法の変更だけで、無料トライアルをもう一度利用することは可能です。

U-NEXTでは、個人情報はメールアドレスと決済方法で関連付けて登録されているようです。

Yahoo知恵袋では、前回と異なる支払い方法とメールアドレスで無料トライアルをもう一度利用できたという投稿がありました。

 

メールアドレスと決済方法の変更は手軽な方法ですが、同じ名前や電話番号を利用し続けていると、規定違反していることに気づかれる場合もあるかもしれません。

アカウントが停止される場合も考えられるので、ご利用するなら自己責任でお願いします。

また、無料トライアルを繰り返し利用すると、U-NEXTに利益が入りません。

U-NEXTを長く存続させるためにも、一度は月額利用を利用してみてくださいね。

U-NEXT 無料トライアル申込はこちらから

安心安全に無料トライアルを利用できる方法2選


利用規約を守って安全に無料トライアルをもう一度利用したい方に、安全に無料トライアルができる方法がふたつあります。

具体的には以下の二つの方法です。

①ファミリーアカウント
②通信事業者を経由して申し込む



各項目を詳しく解説していきましょう。

ファミリーアカウント

ファミリーアカウントを活用すれば、U-NEXTを契約できる18歳以上の家族の人数分だけ無料トライアルを受けることができます。

U-NEXTでは、1契約につき最大3個まで子アカウントの作成が可能。

4人家族を例にすると、父親名義で契約して、残る家族3人で1つずつ子アカウントを利用することができるのです。

父親の無料期間が終了しても他にU-NEXTに登録していない家族がいれば、その家族の名義で無料トライアルを申し込み、再び子アカウントを利用してU-NEXTを無料で楽しむことができます。

家族にU-NEXTを契約できる18歳以上の人が4人いる場合、利用できる無料期間は最大で124日間。

ドラマやアニメの見逃し配信を1クール分視聴できますし、規約に障らないので安心して映画やドラマ、アニメを満喫することができます。

同時視聴も可能ですので、家族4人それぞれ観たい作品が違ってもパソコンやテレビ、スマートフォンの取り合いになる心配もありません。

子アカウントでは年齢制限作品や成人向け動画は視聴できないですが、全年齢作品は見放題で視聴することが可能です。

安心安全に利用するなら、ファミリーアカウントの活用をおすすめします。

プロバイダなどの通信事業者のサービス

 

3つめの裏技は、通信事業者のサービスを経由してU-NEXTの無料トライアルを申し込む方法です。

インターネットのプロバイダやWi-FiとU-NEXTのセット販売プランに申し込むと、通信事業者から発行されるIDとパスワードでU-NEXTを利用できます。

U-NEXTと直接契約ではないので、新しいメールアドレスを用意する必要はありません

U-NEXTのプランがあるプロバイダは、主にSo-net、BIGLOBE、メガエッグ、エディオンネット、NUROの5社です。

NUROは、プロバイダと同時契約でなければ利用できませんが、後の4社はU-NEXTのプランを利用することができます。


ご利用のプロバイダにU-NESTのプランがない場合は、「So-net メンバーズコース」を申し込めば、年額330円だけでU-NEXTの無料トライアルを利用できるSo-net がおすすめです。

トライアル中にもらえるポイントも、通常より1,400ポイント多い2,000ポイントを貰えることもできるのでお得ですよ。


U-NEXT for So-netの詳細はこちらから

他にも、株式会社hi-hoが運営する「U-NEXT forスマートシネマ 見放題Plus」では、2,587円(初月無料)でU-NEXT とWi-Fiが利用可能に。

外出先でWi-Fiをつなぎ放題ですので、外出時に動画を見ても通信料を気にする必要もありません。

プロバイダや通信会社によるU-NEXTのサービスでは初月無料のところが多いので、月の始まりに申し込むようにしましょう

無料トライアルを申し込む前に確認すべきこと



U-NEXTの無料トライアルを申し込む前に、確認することは以下の3つだけです。

①観たい作品・ジャンルが充実しているかどうか

②無料トライアルの申し込みができる決済方法

➂無料期間の終了日

①観たい作品・ジャンルが充実しているかどうか

無料トライアルを申し込む前に3つの注意点を押さえておくと、登録・解約が円滑にできますし、無料トライアルを有意義に利用できます。

U-NEXTでは、未加入でもサブスクの検索機能を利用することが可能です。

事前に観たい作品の配信状況を検索すれば、無料トライアル中に「見たい作品がない」と嘆く必要も「何を見ればいいか困る」と頭を抱える必要がありません。

31日間の無料トライアルを価値のあるものにするなら、事前に気になる映画やドラマ、アニメの配信状況を確認して、期間中にまとめて視聴しましょう。

②無料トライアルの申し込みができる決済方法

無料トライアルに対応した決済方法の確認も忘れてはなりません。理由は、無料トライアルを申し込む際に、決済方法が問われるからです。

U-NEXTの場合、無料トライアルに対応しているのは、クレジットカード、キャリア決済、楽天ペイの3種類のみとなっています。

メールアドレスと決済方法を前回と変更して無料トライアルに挑戦する場合は、以前登録した決済方法とメールアドレスを思い出してから利用しましょう。


クレジットカードや楽天銀行の口座を持っておらず、前回キャリア決済を利用した場合は、注意が必要です。

ご家族の協力が得られる場合は、ファミリーアカウントを作成すれば無料。ご家族の協力が得られない場合は通信事業者のサービス経由でU-NEXTを申し込むことになります。

自分が前回どの決済方法を利用して、今利用できる決済方法を確認した上で、自分が支払い可能になる手段で申し込むようにしましょう。

➂無料期間の終了日

無料トライアルの終了日を確認して、カレンダーや手帳に書き留めておくことも大事です。

なぜなら無料期間を過ぎるとそのまま自動継続になってしまいます。無料期間のみU-NEXTを利用する場合は、無料期間内に自分で解約しなくてはなりません。

無料トライアル終了日は、無料トライアルを申し込んだ際に届くメールに記載されています。

無料トライアルに申し込んだ際は、無料トライアルの最終日を確認して、最終日までに解約するようにしましょう。

U-NEXTの無料トライアルの申し込み方法

 

無料トライアルの申し込み手続きはほんの3分程度でできます。

無料トライアルの申し込みに必要なものは、前回U-NEXTを登録していないメールアドレスと、新しい決済方法です。



U-NEXTの無料トライアルの申し込み方法はこちらです。

トップページの「まず31日間無料体験」のボタンを押す



②個人情報を記入

➂決済方法を選ぶ

④登録内容を確認後、「送信」ボタンを押す


U-NEXTの登録に必要な情報は、名前と生年月日、性別、登録用のメールアドレスとパスワード、希望の決済方法、電話番号となっています。

決済方法でクレジットカードを選ぶ場合は、カード番号と有効期限、カード裏面にある3ケタのセキュリティコードの入力が必要です。

クレジットカード以外の決済を希望の場合は、パソコンとスマートフォンで利用できるものが違うので気をつけましょう。

パソコンから:楽天ペイ
スマートフォンから:ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yモバイルまとめて支払い

パソコンとスマートフォンで利用できる決済方法が変わってきますので、利用する決済方法に合う方から登録しましょう。


決済方法が決まれば、入力した内容に誤りがないかを確認。

最後に「送信」ボタンを押せば、登録完了です。

31日間無料で作品数ナンバーワンのU-NEXTで、お好きな映画やドラマ、アニメを思う存分にお楽しみください。


【必ず確認】2回以上無料トライアルを申し込む際の注意点まとめ

 

ファミリーアカウントや、各種通信事業者のサービスを利用して無料トライアルを2回以上利用する際の注意事項をまとめました。

加入前に注意点を知っておくと、加入した時に「こんなはずではなかった」と後悔せずに済みますよ。

ファミリーアカウントの注意点はふたつ

ファミリーアカウントを利用して無料トライアルを始める際の注意点は、以下の2つです。

①子アカウントでは年齢制限された動画が視聴できない

②ポイントのことで親アカウントの持ち主と相談する必要あり


子アカウントでは、年齢制限のかかった動画を視聴できない

子アカウントでは、お子さんが安心して利用できるように年齢制限のかかった映画や成人向け動画が表示されないようになっています

契約者のアカウントから、年齢制限を解除することも不可能です

PG12指定及びR15指定の映画や成人向け動画を視聴できないようになっていますので、ご了承ください。

ポイントについて親アカウントの持ち主と相談する必要がある

U-NEXTでファミリーアカウントを作成した場合、ポイントは契約者と家族で共有することが可能です。

子アカウントでも、設定次第でレンタル配信作品や電子書籍を購入することができます。

しかしポイント使用時に、ご家族で取り決めをしていないと金銭トラブルが発生する恐れがあるので注意が必要です。

子アカウントがポイントを利用していいかどうか、何ポイントまでなら使用できるかを事前に親アカウントの持ち主に相談しておきましょう。

ファミリーアカウントで複数回、無料トライアルを利用するのであれば、家族間の金銭トラブルは避けたいところ。

必ず家族で相談して、ポイント利用についてのルールを決めておきましょう。

通信事業者のサービス経由で申し込んだ場合の注意点はふたつ

プロバイダやWi-Fiなどの通信事業者を経由してをもう一度無料トライアルを始める際は、注意点がふたつあります。

①月初めに登録しないと月額料金が発生する場合あり
②解約方法がややこしい場合あり

①月初めに登録しないと月額料金が発生する場合あり


So-net やhi-hoなどの通信事業者経由で無料トライアルを申し込んだ場合、月をまたいで利用すると月額料金が発生する場合があるので注意が必要です。

登録する通信事業者によって無料期間も異なりますので、登録前に必ず無料期間がいつまでかを確認しましょう。

31日間無料:So-net、BIGLOBE
30日間無料:メガ・エッグ
初月無料:エディオンネット、hi-ho

初月無料の場合は、月末最終日までが無料期間となるので要注意

通信事業者のサービス経由で無料トライアルを申し込む場合は、無料期間の最終日が分かりやすい1日に登録することをおすすめします。


②解約方法がややこしい場合あり

通信事業者のサービス経由で無料トライアルを解約する場合は、U-NEXTではなく通信事業者のホームページにあるマイページから解約しなくてはなりません。

So-netやエディオンネットなどプロバイダの場合は、サイトのトップページの上にあるマイページから解約手続きがスムーズにできるのですが、hi-hoの「U-NEXT forスマートシネマ 見放題Plus」の場合は手続きに多少手間がかかります。

hi-hoの「U-NEXT forスマートシネマ 見放題Plus」では、マイページに入って「契約者情報の確認・変更」から解約手続きを進めた後、登録したメールアドレスに届いたメールにあるURLをクリックしなければ、解約手続きが完了しません。

サイトだけで解約できない場合や解約手続きが難しい場合もありますので、無料期間中に利用している間に通信事業者のホームページで解約方法について調べておきましょう。


U-NEXT の解約方法と注意点


U-NEXTの解約方法は、登録した方法で異なります。
主にパソコンやスマートフォンなどからアクセスして、無料トライアルを申し込んだ場合の解約方法をまとめました。

①ブラウザでU-NEXTにログインします。


②「Ξ」のメニューボタンから「設定・サポート」→画面をスクロールさせて「契約内容の確認・変更」をタップしましょう。

➂契約中のプランが表示されたら、月額プランの項目にある「解約はこちら」を選択します。

④解約前のご案内ページが表示され、「次へ」をタップ。

⑤解約前のアンケートが表示され、画面をスクロールさせて解約時の注意事項の下にある「同意する」にチェックを入れます。

⑥「解約する」ボタンを押せば、解約手続きが完了です。

 

解約手続きの注意事項としては、クレジットカードやキャリア決済、楽天ペイで1無料トライアルを登録した場合は、必ずブラウザから行います。
アプリからは解約できませんので、ご注意ください。

ファミリーアカウントを利用している場合は、親アカウントから解約手続きを行わなければ解約できません。

解約手続きを完了させるとアカウントも月額利用できなくなりますので、ファミリーアカウントを利用している場合は、家族で解約日を決めてから解約しましょう。


解約する場合は、アカウントを消去する「退会」処理をしないでください。

解約をすれば、アカウントを残した状態で月額利用を止めることができます。


しかし、退会処理をしてしまうと最初から度会員登録手続きをしなくてはならず、一度使った決済方法も利用できません。

もう一度U-NEXTを利用する場面に備えて、アカウントを残しておきましょう。

U-NEXT以外に無料トライアルを利用できるサブスクとU-NEXT との違い

 

U-NEXTの他にも無料トライアルが利用できるサブスクはあります。

無料トライアルが利用できなかった方や、月額利用できるサブスクをお探しの方も満足できるサブスクを厳選しました。

U-NEXTの特色と比較して、自分の見たいジャンルの強いサブスクや自分に合ったサービスを展開するサブスクを見つけましょう。


U-NEXTの特色

サブスク名
(月額料金)
無料期間 U-NEXTの特色
U-NEXT
(2,189円)
31日間 ・国内ナンバーワンの動画配信数(21万本)
・毎月1,200円分のポイントを受け取れる
・ポイントで電子書籍の購入や新作映画のレンタルが可能


他のサブスクの特色(無料期間の長い順)

サブスク名
(月額料金)
無料期間 特色
dTV
(550円)
31日間 ・月額550円で12万本の動画が見放題
・洋画や韓国ドラマが充実
・人気アーティストのMVやライブ映像が充実
dアニメストア
(440円)
・月額440円で4,600作品以上のアニメが見放題
・アニメの舞台版、声優・アニソンアーティストのライブも充実
アマゾンプライムビデオ
(550円)
30日間 ・月額550円で人気映画、ドラマ、アニメが見放題
・追加料金なしで音楽聞き放題、雑誌読み放題も楽しめる
・Amazonの送料・手数料が無料
TELASA
(618円)
15日間 ・テレビ朝日系のドラマ・バラエティー番組が充実
Hulu
(1,026円)
14日間 ・日本テレビ系のドラマの見逃し配信が充実
・海外ドラマの日本最速配信も実施中
・追加料金なしで7万本以上の動画が見放題
FODプレミアム
(976円)
・フジテレビ系のドラマが充実
・毎月最大で1,300円分のポイントを受け取れる
・ポイントで電子書籍の購入や新作映画のレンタルが可能
Paravi
(1,017円)
・TBS系、テレビ東京系、WOWOWのドラマが充実
・政治・経済のニュースや解説番組も充実
ABEMAプレミアム
(960円)
・ABEMAで放送された番組の見逃し配信が充実
・アニメの地上波同時配信がある
・恋愛リアリティーショーなどオリジナル番組も配信
WATCHA
(869円/1.032円)
初月無料
(月末まで)
・自分の好みに合う映画を勧める「レコメンド機能」が高性能
・マイナー作品も多数配信中
・洋画だけでなくアジア映画のラインナップも充実

 

U-NEXTは作品数が国内ナンバーワンですが、月額料金が2,189円と国内のサブスクで1番の高値となっています。

U-NEXを月額利用すれば毎月1,200円分のポイントを受け取ることができ、ポイントをフル活用すれば実質989円です

マンガの電子書籍や新作映画も貰えるポイントを使って購入できるので、マンガを購読している方や好きな映画をすぐ見たい方にはおすすめできます。

150誌以上の雑誌が読み放題ですので、雑誌を購読中の方も雑誌代を節約することも可能です。


もし作品数やポイントサービスを重視しないのであれば、他のサブスクの無料トライアルも試して、U-NEXTと比較検討するのもいいかもしれません。


迷ってしまう方にU-NEXTの次におすすめできるサブスクは、以下の3社です。

コストパフォーマンスを重視したい場合:アマゾンプライムビデオ

アニメだけをたくさん見たい場合:dアニメストア

面白い映画をいろいろ見たい場合:WATCHA

無料トライアルを何社か利用しながら、自分の好みに合うサブスクを見つけてみてください。

 

U-NEXT の無料トライアルの魅力


U-NEXTの無料トライアルでは、月額利用と同じように22万本の動画が見放題、150誌の雑誌が読み放題で利用できます。

さらに新作映画や電子書籍の購入ができるポイントが、600円分プレゼントされます。

600円分のポイントがあれば、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や『コンフィデンスマンJP英雄編』など話題の新作映画が1本分無料です。

マンガも、一部600円を超えるものもありますが1冊無料からお得に購入できますよ。

見放題作品も全ジャンルで国内ナンバーワン。さらにBlu-ray並みの高画質で視聴できる動画もあるので、動画の質も量もハイレベルです。

全てのサブスクの中でも最高のサービスとラインナップを誇るU-NEXTを、31日間無料でお試しできます。

充実したサービスを無料で利用できるチャンスを、逃さないようにしましょう。

U-NEXTの無料トライアルはこちらから

まとめ

今回は、U-NEXTの無料トライアルを2回、3回お試しできる方法を解説しました。

概要は、以下の4点です。

①U-NEXTの無料トライアルは原則ひとり1回。

②家族の方にU-NEXTを登録してもらいファミリーアカウントに追加してもらえば、無料で利用できる。

➂So-netなどのプロバイダを仲介して無料トライアルを申し込むと、最大1ヵ月無料+最大2000円分のポイントを受け取れる

④他のサブスクの無料トライアルを利用するのもおすすめ

U-NEXTは全てのジャンルの見放題作品数が国内ナンバーワンです。

各ジャンルのトップページには「見放題で楽しめる厳選良作 洋画編」など他のサブスクと違う視点で動画をまとめているので、見たい動画を見終わった後も気になる動画を見つけることができます。

ドラマやアニメの原作マンガも無料トライアルや月額登録で貰えるポイントでお得に購入することができるので、原作と映像化作品を比較して楽しむことも可能です。

作品数もサービスも充実したサブスクをお探しなら、U-NEXTが最適です。

注目の独占配信作品も徐々に増えていますので、他のサブスクを利用している方も無料トライアルを利用してお試しするのもいいかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめ

【安心安全】Huluの無料トライアルの2回目の登録ができる裏技はある?安全で確かな方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。