月が導く異世界道中はつまらない?アニメ一期視聴後レビュー【ネタバレあり】

こんにちわ!今回は異世界系アニメ『月が導く異世界道中』の一期視聴後のレビューをしたいと思います!

今回は結構辛口めにレビューしておりますので、予めご了承くださいm(_ _)m

作品紹介(あらすじ)

平凡な高校生だった深澄 真は、とある事情により勇者として異世界へ召喚された。しかしその世界の女神に「顔が不細工」と罵られ、勇者の称号を即剥奪、最果ての荒野に飛ばされてしまう。荒野を彷徨う真が出会うのは、竜に蜘蛛、オークやドワーフ様々な人ならざる種族。元の世界との環境の違いから、魔術や戦闘においては常識外な力を発揮する真は、様々な出会いを経て、この世界でどう生き抜くのか…… 神と人族から見捨てられた男の異世界世直しファンタジー開幕!

引用元:hulu

主要スタッフ紹介

STAFF
原作:あずみ (アルファポリス刊) 原作イラスト:マツモトミツアキ 漫画:木野コトラ監督:石平信司 シリーズ構成・脚本:猪原健太 キャラクターデザイン:鈴木幸江
助監督:清水一伸
アクションディレクター:鈴木勇士 モンスターデザイン:有澤  レイアウト監修:池下博紀
総作画監督:鈴木幸江中村佑美子 キーアニメーター:〓木有詩芳賀  総動画監修:〓橋知也
色彩設計:高木雅人 美術監督・設定:佐藤正浩 美術ボード:永吉幸樹 プロップデザイン:永富浩司今田 たなべようこ
特殊効果:古市裕一 撮影監督:小野寺正明 編集:定松  音響監督:はたしょう二サウンドチーム・ドンファン
音楽:高梨康治 音楽制作:日音 アニメーション制作:C2C
CAST
深澄 :花江夏樹 巴:佐倉綾音 澪:鬼頭明里 エマ:早見沙織 ベレン: 親八 トア:久保ユリカ リノン:二ノ宮愛子 女神:上田麗奈 月読命:前野智昭 ハザル: 祐樹 ルイザ:鎌倉有那 ラニーナ:北守さいか パトリック=レンブラント:井上和彦 モリス:佐藤正治 ライム=ラテ:八代  アクア:Lynn エリス:田中美海
この説明部分には作品データベース作品データベースを引用しています。

※31日以内に解約すれば料金は発生しません。

サービス 配信状況 動画視聴
unext-mini
U-NEXT
nijyumaru2

31日間無料


hulu
nijyumaru2

14日間無料

ここが面白い!

今回、この作品を、視聴するにあたって、なろう系アニメが、好きな私は、原作等は読まず、前情報を入れない、新鮮な気持ちで、挑みました。

まずこのアニメは、よくある異世界ものと思いきや、出てくるキャラたちが時代劇風で、水戸黄門を取り入れたのかな?という印象で、よくある中世ヨーロッパ風の、ものではなく、新しいなと思いました、そして助さん、格さんポジションの女性キャラがまた、かわいいんですよ、そこで主人公を取り合うものですから、羨ましい、の一言に尽きますよね、そして、主人公の両親はもと異世界人という、設定も新しく他アニメとの差別化をしようという努力は見えます、ですが、このアニメ、最近の異世界ものでは、定番になりつつある、主人公最強アニメで、またかよ、と思うかたもいるかもしれませんが、主人公最強系は個人的に大好きで、みてて爽快ですし、とくに1期最終話の戦闘シーンなんかは、新規キャラクターの、ミツルギとソフィアと戦うのですが、その時の、作画はかなり混んだもので、今期の作品で、一番動いていたと思います。

ミツルギとソフィアも、元最強の冒険者とその冒険者に、倒された竜のミツルギが、なぜか魔王軍を率いていて、そこも考察しがいがあり、2期が気になるところですよね、実際の、戦闘シーンでは主人公が初っ端から指を2本も切り落とされるのですが、魔力をかなり抑えていることもあり、解放さえすれば、女神にすら匹敵するので安心して見られました、実際、主人公が使い捨てにしている、主人公の魔力を抑えるために、魔力を吸い、溜めてくれる指輪6個で、ソフィアとミツルギを半殺しにした挙句に、魔王軍にヒューマン軍どちらも壊滅させていましたからね…()

そして、わかる人にはわかる楽しみポイント、初期に出てくる、オークのエマの声優さんがまさかの早見沙織さん、なんですよ、オークなのに、なぜか可愛く見えてしまう、これも、早見マジックなのですかね、なかなか早見沙織さんに、豚の役やらせる、アニメはないですよね。

とくに、良かったのは、主人公と、ボケの竜、ツッコミの蜘蛛の掛け合いが面白く、適当な軽いのりがうまく作用していましたね、それに声優陣の豪華さも魅力ですよね、個人的に、花江夏樹さん大好きなので、主人公が出てきた時点で大興奮ですよね、アニメ全体としても、見やすいコメディタッチで、作画も全体的には、気が抜けている感じですが、随所にC2Cらしさがありよかったです。

ストーリーも、ギャグアニメとして、観ると、面白いまさに、ズッコケ異世界珍道中とはよく言ったものです。

大人気声優3人をメインに添え、上でも書いたように、人気ナンバーワンクラスの声優さんを、豚役に置くような布陣なのに、全体的に評価が低すぎるのが、気になりますが、実際私は、面白いと思いました、2期の放送も決定しているので楽しみな作品のひとつになります。

ここはイマイチ

さあ、できれば触れたくはない、悪かった点についても、私が、正直に思ったことを、書いていこうと思います。

まず、1点目に、全体的に中途半端な所です、私が、良いところとして、評価していた、時代劇のような、キャラデザイン、ですが、このアイデア自体は新しくて良かったのですが、ほかの、なろう系との差別化を図るのであれば上辺だけ時代劇風にするだけでなく、ストーリーに組み込んでいくべきだったのではないかと、思いました。

結局たいして、差別化できていませんでしたからね、水戸黄門をパロディーしたのなら例えば、諸国行脚の世直し旅をメインのストーリーにしたりできるものですが、少し触れただけと、それだと水戸黄門をテーマにした意味がないと思いますし、真面目にやるにしても、コメディにするにしても、中途半端にするべきではなく、どちらかに、振り切れていたほうが、好感が持てていたと、思います。

2点目は、行動動機が不明なことです。

主人公は、途中から、商売を始めますが、理由等は特に説明はなかったです、動機づけをするのならば、金が必要とか、食べていくためとか、いろいろあるとおもうのですが

そういったことは特になく、動機もないから、なにか不測の事態がおきても、手を引けばいいだけ、譲れないものがあってこその展開もこれでは、弱いですよね。

3点目は設定の雑さです。

ゲーム世界という、設定ではなさそうなのに、レベルや職業があったり、流行りだから取り入れただけ感が残念ですよね、また、算数レベルの教育を高度という世界観なのに、登場人物みんな、文字が読める、筆談が通じると、チグハグで、主人公の顔が不細工なのも、捻っていて良いのですが、その場合だと、内面を魅せていかないと、魅力を感じられないのですが、基本的には流されるだけというのが、残念でしたね。

4点目は主人公の闇落ちの極端さです。

主人公が1期終盤に、ヒューマンから仲間たちに危害を加えられ、一時的な闇落ちをするのですが、その演出が極端すぎて、一応同族のヒューマンである女の、両腕を切り落としたり、最終的には首を一突きして息の根を止めたりと、観ていて引いてしまうような極端な、闇落ちだなという印象でした、そして、私が思う一番残念だった、ところがあります、それは、良いところでも、触れた最終回での、戦闘シーンで、せっかく素晴らしい戦闘シーンを1話に納める乱雑な感じにしまったのがかなり惜しくて、しっかりと話数をつかってやって欲しいと思いました。戦闘シーンなのですが、急に新キャラクター(ミツルギとソフィア)を出してバトルシーンをやったので、Bパートがダイジェストのようにバタバタと意味不明なパッチワークみたいになってしまいました、どうせ2期放送決定してたのなら、せっかく素晴らしい戦闘シーンを1話に納める乱雑な感じにせずしっかりと話数をつかってやって欲しいと思いました。

あとは、主人公の心の川柳的なものは、いらないかなと思ってしまいます。

Melody of Movieの評価

60点

ここまで良い点、悪い点書いてきましたが、悪いところのほうが目立つ印象、総合評価としては、2期が放送決定しているので、そこに期待といった感じで、設定が雑だったり、全体的に中途半端だったりしますが、行動動機など気にせず、気楽に見るのであれば、楽しく観られると思います、1期最後の、魔族側についた勇者との闘いの迫力のまま2期に入ってくれれば期待大なのですけどね、花江さん、鬼頭さん、佐倉さん、早見さんツダケンさんに井上和彦さんとキャスト豪華なのは変わらずなので、そこはかなり好印象、2期に突入しても変わらず楽しめそうですね。

ここまで批判している部分もあるのですが、決して全体的につまらないから観ないほうが良いというわけではなく、ストレスなく観れて、キャラの掛け合いも楽しく観ていられるので、ただ、ちょこちょこツッコミ所がある作品ですね。

おわりに

おわりに今レビューで紹介した【月が導く異世界道中】を読むにオススメの配信サイトとアニメを観るのにオススメの動画配信サービスの紹介をしていきます。

まず、読むのにおすすめの配信サイトはコミックシーモアです、コミックシーモアでは50パーセントオフのクーポンを配布してたり、購入後の10パーセント還元などイベントを定期的にやっているのでおすすめで、取扱い数も80万冊以上とかかなり多いので、他に読みたい作品があってもコミックシーモアだけで大体が完結します、その他だとline漫画にピッコマ、めちゃコミック等でも配信されていて、どれも、漫画数も豊富で読みやすく、金額的にもコスパが良いので、お勧めです。各々、限定配信やサイトオリジナルの漫画もあるので、是非登録してみてはいかがでしょうか。

次に、アニメを観るのに、おすすめなのは、huluです。私が今回のアニメを、視聴するのに、利用したのも、huluです。huluは月額会員制です。月額 1,026 円(税込)で始められます。それにアニメは、もちろんのこと、海外映画やドラマも充実していて、自粛生活に利用するにはもってこいです!今なら2週間無料で始められます^^

hulu以外にも、U-NEXTもおすすめで、U-NEXTは見放題の作品が群を抜いて多いです、21万本以上は見放題作品のようです、そして毎月1200円分のレンタルポイントが配られるので、220550ポイントでレンタル配信されているものも、毎月25本楽しめるわけです、さらにUnextは漫画や雑誌も配信していて、漫画360000作品、書籍230000作品、ラノベ40000作品と作品のボリュームも文句なしですし31日間の完全無料おためしというのもあるので、一度登録してみて、試せるのでお勧めします、ここまで配信サイトのおすすめも書いてきましたが、ここで書いたことが少しでも、読んでくださった皆様のお役に立てると幸いです、それでは、良いアニメライフを願っております、長々と書いてしまいましたがご愛読ありがとうございました。

※31日以内に解約すれば料金は発生しません。

サービス 配信状況 動画視聴
unext-mini
U-NEXT
nijyumaru2

31日間無料


hulu
nijyumaru2

14日間無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です