ねずこが鬼になった理由とは?血の呪いを外せた理由や鬼化後の能力についても解説!【鬼滅の刃】

大人気少年漫画「鬼滅の刃」。原作漫画は2020年に完結しました。同じ年に、物語の中盤を描く劇場版アニメ無限列車編を公開し「千と千尋」上回る歴代興行収入1位を獲得しました。2021年秋には、無限列車アニメ版の放送を開始し、12月5日の日曜日から放送開始となる「遊郭編」に繋がります。この記事では、大ヒット漫画鬼滅の刃に出てくる竈門禰豆子(かまど ねずこ)がどうして鬼になってしまったのかということや禰豆子の簡単なプロフィールと特徴についてまとめていきます。

※以下はネタバレを含みますので注意してください

禰豆子(ねずこ)が鬼になってしまった理由結論

自身の家系である竈門家の家系が関係しており、鬼舞辻無惨の血で鬼になってしまったということです。

竈門家が無惨に襲われたときには炭治郎以外の家族全員が襲われています。

なぜ禰豆子だけ鬼になってしまったのか?竈門家の血がどのように関係しているのかという理由も調べていきます。

hontoで初回購入なら鬼滅の刃全巻買っても5,000円OFF!!


竈門禰豆子(かまどねずこ)のプロフィール

出典:オリコンニュース

名前:竈門禰豆子(かまどねずこ)

年齢:物語開始時12歳 最終選別後14歳

身長:物語開始時150cm 最終選別後153cm

体重:物語開始時39キロ 最終選別後45キロ

誕生日:12月28日

出身地:東京府奥多摩郡雲取山(現 西多摩郡雲取山)

趣味:裁縫

好きなもの:金平糖

声優:鬼頭明里

竈門家は、主人公の長男炭治郎に、長女禰豆子、次男の竹雄、次女の花子、三男の茂、四男の六太の6人兄弟です。見た目は、炭治郎曰く街でも評判の美人で、実際に善逸と出会った時も目が輝くほどでした。

性格はとても優しい子で、母親と共に妹弟たちの面倒を見ていました。

兄の炭治郎同様自分の身を犠牲にして人を守る面もありその性格から大切な何かを失ってしまうのではないかと心配されていました。

竈門家を襲った鬼は?


出典:Amazon

竈門家を襲ったのは、鬼舞辻無惨です。鬼滅の刃196話にて竈門家を襲った犯人が鬼舞辻無惨であったとわかりました。主人公の竈門炭治郎は嗅覚が優れており、竈門家が襲われた自宅の鬼の匂いを覚え鬼を探していました。炭治郎が浅草へ他の任務で出向いたときに襲撃した鬼と同じ匂いがした為、辿ったところ鬼舞辻無惨と遭遇しました。

無惨と対峙できた鬼殺隊士は歴代で2人しかおらず、炭治郎が2人目です。その前に無惨と対峙できたのは戦国時代で炭治郎の先祖とかかわりのある継国緑壱でした。それほど無惨を発見することは難しく、謎に包まれた部分が多い鬼でした。ではなぜ無惨は竈門家を襲ったのでしょう?その理由は公式では明かされておりません。ですがわざわざ山奥に住んでいる竈門家を襲うのは偶然ではなく何か理由があるのだろうと考察を探してみました。

有力なのは、青い彼岸花を探して山を登っていた所にちょうど竈門家があり、太陽を克服することができる鬼をつくるために襲ったという説です。

公式には発表されていない事なので事実はわかりませんがこの説が一番有力ではないかと言われています。

禰豆子は誰に鬼にされたのか

禰豆子を鬼へ変えてしまったのも、鬼舞辻無惨です。

無惨には自分の血液を人間に与えると鬼に変える能力があり、禰豆子にも無惨の血液が混ざり、鬼になりました。

禰豆子以外の家族は惨殺されていますが、なぜ禰豆子だけ鬼にしたのかというと太陽を克服する鬼を作る為に実験台にされたようです。

鬼舞辻無惨について

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)は1000年以上前に一番初めに鬼になった存在ですべての鬼の祖先であり、人食い鬼をまとめる頭領です。容姿は人間と変わらな為、浅草の時のように人間の暮らしにまぎれていますが、7つの心臓と5つの脳を持っているので中身は全く人間ではありません。

無惨が鬼になってしまった理由は、医療ミスからでした。生まれは平安時代で、産屋敷一族の出身です。

そのため鬼殺隊をまとめる産屋敷輝哉の先祖となります。無惨の人間の頃は病弱の為20歳まで生きることはできないと言われていました。この病気を直す為の治療で医者が新薬の原材料に使っていたのが青い彼岸花でした。

無惨の最終的な目的は、太陽を克服して完全に不死身の鬼になることです。太陽を克服するためには青い彼岸花を太陽が克服できる鬼になるまで摂取するのか、もしくは太陽を克服した鬼を取り込むどちらかが必要です。そのため1000年以上もの長い年月の間青い彼岸花を探し続け、探すために鬼を増やし大正時代になっても増やしていました。

無惨の血液には人間を鬼へ変える能力があり、すべての人食い鬼は無惨の血液が入り鬼になっています。

血の呪いについて

すべての鬼たちには血の呪いというものがかかっており無惨に操られています。

この呪いは、血を分け与えたの者の思考を読み取る事ができ、姿の見える距離なら全ての思考を読み取ることができる。

離れていても位置は把握しているという監視体制です。

そのため、無惨に対して反逆行為や裏切り行為、通常の鬼は情報漏洩を阻止する為に鬼舞辻無惨という名前を口にするだけでその場で殺されてしまします。

鬼になるときに無惨の血液を入れている為に細胞から繋がっており、心の中で文句を言った時にはその場で首が飛びます。

このような呪いという厳重体制の中で成り立っている為、鬼の情報は得られても鬼舞辻無惨という存在の情報についてはわからないことが多くありました。

そのため鬼殺隊の中でも無惨と対峙した隊士がおらず、炭治郎がと禰豆子が出てきたことによって1000年間の戦いに動きが出るようになりました。

hontoで初回購入なら鬼滅の刃全巻買っても5,000円OFF!!

禰豆子はなぜ血の呪いを外せたのか

このような血の呪いがある中でどうして禰豆子は血の呪いにかからず殺されないのか?鬼にも関わらず血の呪いが解かれている鬼がもう一人おり、それは200年以上前に鬼になった珠代という鬼でした。珠代さんは、無惨によって鬼にされていますが自分でも身体をいじって血の呪いを外したと話しています。方法について詳しくは話しませんでしたが、珠代さんは他の鬼とは違い人を食べずに生活しています。

ですが鬼のため血液は摂取しなければならない為、輸血を利用し摂取していました。そういった他の鬼とは違う行動が、無惨の血を薄めていき呪いが外れた可能性があります。ですが禰豆子はこれに当てはまりません。考察ですが、鬼は人間を食べた数が多いほど強くなっていきます。ですが食べた分だけ人間の頃の記憶も無くなっていってしまいます。そのように身体だけでなく心も鬼に浸食されてしまうと血の呪いが強くなるにではないかなと思います。

なぜ禰豆子のみ鬼にされたのか

竈門家が襲われたことが、偶然だったと分かったのですがではなぜ禰豆子だけが鬼にされてしまったのか不思議です。

それは家族全員に無惨の血液を与えたが、禰豆子以外は力に耐え切れずに死んでしまったからでした。

惨殺されたようにも見えましたが実は全員が鬼にされていて偶然にも禰豆子だけが鬼になり生き残れたということです。

つまり最初から禰豆子が狙われていたわけではありませんでした。

この中で奇跡的に太陽を克服する体質を持っていた禰豆子ですが、無惨は襲撃後気づかず立ち去ってしまいました。

禰豆子は太陽克服するのに長い時間がかかったので、鬼化に気づいていても太陽を克服できる体質には気づけなかったかもしれません。

炭治郎は最後無惨との戦いで鬼にされたときに、鬼の素質が抜群にあることがわかっています。

もしこの時に炭治郎も襲われていたら、その場で無惨よりも強い最強の鬼が誕生してしまい物語が変わってしまうところでした。

鬼になった禰豆子の能力

人間で無くなってしまった禰豆子には様々な能力が身につきました。

どんな能力が身についたのかについてまとめます。

血気術について

無惨には自分の血液で人間を鬼に変える能力がありますが、これは特別です。

一般の鬼は人間を食べた分だけ力が付き、強くなってくると血気術という鬼特有の技が使えるようになります。

禰豆子は鬼の素質が少なからずあった為に人間を食べていなくても血気術が使えるようになりました。

初めて禰豆子が血気術を使ったのが那田蜘蛛山編でした。

禰豆子の血気術は爆血といいます。

この血気術は、自身の血液を爆発させ血が付着した対象のものを焼却又は爆裂させる術です。

最大の特徴が、人を食べる鬼の細胞のみを焼却できる為人間には効きません。

また、鬼の毒が体内に入ってしまった場合の解毒もこの血気術は可能で、遊郭編の時に活躍していました。

体の大きさを変化させられる

元の大きさから大きくも小さくもなれます。

身体を小さくすることで、攻撃を回避したり身を隠すことができます。

太陽を克服出来ていない頃は小さくなり、炭治郎が背負う箱の中に入り日中移動をしていました。

大きくなると自身の身体能力を大幅に増強することができ上弦の鬼とも互角に戦えるようになります。

ですが、力を増強しようとすると鬼としての本能も強くなってしまう為暴走してしまう可能性が出てくるところが欠点です。

参考:小さくなった禰󠄀豆子

禰豆子が上弦の鬼ほど強いのはなぜ?

最初に無惨から与えられた血液の量が多かった為です。無惨の血液を摂取した量が多いほど力が付きます。

量が多かった禰豆子は最初から身体能力が高く一回殴るだけで相手の身体を崩壊させることができ、一蹴りで鬼の頭を飛ばすことができます。他には、禰豆子は身体を大きくすることで力を増幅させられることがわかりました。そのため、力を増強したら上弦の鬼とも戦える力があるということです。禰豆子が初めて覚醒した場面は、遊郭編で登場した上弦の陸・堕姫と戦ったときです。なぜ禰豆子が覚醒することになったのかというと、上弦である堕姫は今まで戦ってきた鬼たちの中で一番無惨の血が濃い鬼でした。禰豆子は無惨の匂いを強く感じそれによって過去の家族が殺された記憶が蘇ります。記憶が蘇った事と、兄である炭治郎が倒れたことにより、禰豆子は追い込まれました。怒りや悲しみ憎悪などの感情が溢れ、つけていた口枷が外れた時禰豆子は覚醒しました。覚醒した禰豆子の容姿は今までは全く違いました。

右側の額には大きな角が生え、髪が逆立ち身体の至る所に枝葉模様の痣が大量に発生した姿は鬼そのものになってしまいまいた。

覚醒した禰豆子には人間の要素は一つも残っていませんでした。ですが覚醒したことによって、回復、再生能力が上がりさらに攻撃力、血気術のパワーがアップしました。これによって上弦の鬼ほど強い禰豆子が誕生しました。しかし覚醒するとコントロールしていた鬼化を急速に進めることになり覚醒と引き換えに人間としての意思が無くなります。そして鬼として暴走を始めてしまった禰豆子を炭治郎が母親の子守歌を聴かせる事で覚醒を止め禰豆子の暴走も収めました。

hontoで初回購入なら鬼滅の刃全巻買っても5,000円OFF!!

鬼になった禰豆子の特徴

鬼になってしまった禰豆子にはどんな特徴があったのでしょう。

一般的な人を食べてしまう鬼とは違うのでそこの違いをまとめました。

口枷の意味

禰豆子がつけている口枷は、水柱の富岡義勇がつけたものです。

無惨の襲撃を受け瀕死状態の禰豆子を医者の所へ連れていく時、鬼として目覚めた禰豆子の暴走を富岡が止めにはいりました。

鬼になっても尚、妹をかばう炭治郎の姿や禰豆子の行動から普通の鬼とは違うことを察し、万が一の時に禰豆子が人を喰らわない為の配慮として口枷をつけました。

また、鬼特有の牙を隠すための意味も口枷は成しています。

鬼になった禰豆子はなぜ話さないのか

禰豆子の会話ではムーと話したり頷くなどの動きでコミュニケーションをとっています。

それは単純に口枷をはめている為言葉を話せないということがあります。

他には、鬼になった事で人間の頃よりも知能が退化しているからということがあります。

人間の頃は妹弟の面倒を見るしっかり者の姉だったのですが、鬼になってからは精神的に幼くなっている様子が見えます。

そのため、口枷がもしついていなくても会話は難しかったかもしれません。

なぜ人を襲わないのか

鬼になると人間の血肉が食料になるため人を襲わないと生きていけません。禰豆子は強靭な精神力で人間を襲う事を耐え我慢しています。著しく体力を消耗したときは餓死状態の為ぼーっとしてよだれが垂れることもありますが理性を保ちコントロールしています。炭治郎と禰豆子は富岡の紹介で鱗滝左近次のところへ行きました。

その時禰豆子は2年ほど長い眠りに入りその時に鱗滝から全ての人間を家族とみなし鬼を敵だと考えるように暗示をかけてもらいました。そのため鬼になっても人を食べようとする鬼と戦い続ける事が出来ました。

睡眠の意味

鬼は人間の血肉を食料にしている中、禰豆子は食料はどうしていたのか?

禰豆子は食欲を抑えることに成功しており、エネルギーを得るための食事は取らなくても良くなりました。

食事ではなく睡眠でエネルギーを回復させるように体質を改善しました。

2年間の眠りの中で人を食べないようにと無惨の血の呪いを外しています。

禰豆子にとって睡眠は大きな意味にある行為でした。

禰󠄀豆子を人間に戻すには?

禰󠄀豆子が人間に戻れるかどうかは、原作14話(アニメ9話)で登場する珠世が重要な鍵を握っています。珠世は過去に生き続けるために鬼舞辻無惨の力を借り、騙されるような形で鬼になってしまっています。

炭治郎と禰󠄀豆子に出会う頃には人を襲うことはなく、人の生き血も分けてもらうことで400年以上生き続けている状態でした。そして医者として人を助けている存在です。

炭治郎は珠世に『鬼を人間に戻す方法はありますか?』と尋ねており、珠世は方法はあると答えています。ただし、まだ研究を重ねる必要があり、炭治郎に禰󠄀豆子の血を調べることと、『鬼舞辻無惨の血が濃い鬼を倒したら、その血を送ってほしい』とお願いをします。これによって炭治郎はより強い鬼を倒すために、妹を守るために強くなっていく意思を強固なものにしていきます。そしてこれから続く鬼殺隊としての任務にも繋がっていきます。

鬼の血の研究により禰󠄀豆子を救えるかどうかは珠世が鍵を握っているのです。

鬼滅の刃の原作漫画を安く読む!

鬼滅の刃をアニメ放送で見て興味を持ったという方は特に、原作漫画も楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。そんな方々に向けて原作漫画を安く読む方法をご紹介します。原作漫画を安く読むには電子書籍サービスの利用が大変おすすめです。

参考価格

電子書籍23巻分・・・・・・10,137円~10,139円
紙の書籍23巻分・・・・・・1,0670円
※2022年1月15日時点の情報ですので、最新情報は各ホームページをご参照ください。

安さ サービス名 購入価格 定価との差額
1位  honto 5,137円 -5,000円
2位 Amabaマンガ 5,500円 -4,637円
3位 ebookjapan 7,127円 -3,000円
3位 DMMブックス 7,127円 -3,000円

各電子書籍サービスではそれぞれ割引キャンペーンを行っています。特に hontoと言うサービスを利用すれば全巻5,000円OFFで購入することができるので大変おすすめです。下記に各電子書籍サービスの割引金額を表にしていますので、是非参考にしてみてください。

※初回購入クーポンの利用が必要です

電子書籍サービスでの購入方法や、サービスの詳細についてはこちらの記事で解説しておりますので、ぜひこちらもチェックをしてみてください^^

【2022年最新版】鬼滅の刃の電子書籍が安い!全巻5,000円引きで買える方法は?無料で読む方法も解説

 

アニメ鬼滅の刃を無料視聴する方法!

『鬼滅の刃』のアニメシリーズでは現在遊郭編を放映中です。アニメ放送を見逃している方や過去放送分を確認したい方は、是非VODサービスの無料視聴キャンペーンを利用しましょう。

無料で視聴できるサービスを下記にまとめました!各サービスによって無料期間が異なりますのでご注意ください。

※14〜31日以内に解約すれば料金は発生しません。

サービス 配信状況 動画視聴
unext-mini
U-NEXT
nijyumaru2

31日間無料

dTV

nijyumaru2

31日間無料


hulu
nijyumaru2

14日間無料


FOD PREMIUM
nijyumaru2

14日間無料


prime video
nijyumaru2

初回登録なら30日間無料

まとめ

今回は禰豆子が鬼になった理由についてまとめました。禰豆子を鬼に変えたのも竈門家を襲ったのも鬼舞辻無惨がやったことでした。ですが禰豆子だけを狙ったわけではなく全員太陽を克服する鬼への実験台となっており生き残れたのが禰豆子だけということでした。鬼になってしまっても一般的な鬼とは違い禰豆子は体質を改善し強靭な精神力で人間に近い鬼を保っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。