映画「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」公式サイト » INTRODUCTION


2018年、インド映画でおなじみのダンスシーンもなく、壮大なロケや華やかな衣装もない1本の映画がボリウッドをブッ飛ばした!盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセの強いキャラクターたちが繰り広げる裏切りと騙しあいの予測不能なストーリー。疑心暗鬼がさらなる疑いを招く洗練された脚本と映像が、目の肥えたインド映画の批評家たちを唸らせて「インドのコーエン兄弟だ!」「毎秒ごとに予想を裏切られる」など絶賛の声が殺到!その声は海を越えて世界に広がり、全世界興行収入は64億円とインド映画の歴代14位に躍り出る大ヒットを記録した。この世界的大ヒットの波に乗り、監督賞、脚本賞を中心に、2019年のインド国内の映画賞で大健闘をみせて、米映画批評サイトRotten Tomatoesの満足度は、驚異の100%をマークした。

盲目のピアニスト、アーカーシュの誰にも言えない秘密。それは、本当はバッチリ目が見えること!芸術のため盲目を装う彼はある日、大スター、プラモードからの演奏依頼を受けて訪ねた豪邸で、妻のシミーと、その不倫相手のプラモード殺害現場を“目撃”してしまう!
しかし、それはアーカーシュが巻き込まれる災難のほんの始まりに過ぎなかった…

主人公アーカーシュを演じるのは、コメディジャンルではインドの誇るスターである3大カーン(アーミル・カーン、サルマン・カーン、シャー・ルク・カーン)を超えたといわれる
アーユシュマーン・クラーナー。本編にたびたび登場するピアノ演奏シーンも吹替なしで、盲目を装うピアニストという難役に挑み、軽妙なコメディセンスを披露している。
アーカーシュを災難に巻き込む悪女、シミー役は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』など国際的な活躍をみせる名女優タブーが演じ、悪役ながらも憎めない複雑な魅力を発揮して、インド国内の映画賞では最優秀悪役女優賞を受賞している。

その他、アーカーシュの純粋な恋人ソフィに『パッドマン 5億人の女性を救った男』のラーディカー・アープテーなど日本でも馴染みのある顔ぶれが集結した。
監督は『エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ』など、スタイリッシュなエンタテインメントで評価の高いシュリラーム・ラガヴァン。
ラガヴァン監督が、2010年のフランスの短編映画L‘Accordeur(The Piano Tuner)から着想を得て製作された本作ならではの、軽やかなピアノ演奏シーンや、先の読めないストーリー展開に、あなたのこれまでのインド映画の常識は打ち破られる!